株式会社辻岡醸造

辻󠄀岡醸造の
歴史とこだわり

歴史

辻岡醸造は明和2年(1765年)、女性により創業されました。
以来250年、こだわりの美味しい味噌、醤油を求めて醸造しております。

蔵

長い歴史の中では、男性が兵隊として出兵後、女性だけで“蔵”を守った時代もありました。
やがて戦争も終わり世の中が平和になると、良い品物、安心の食品を求める時代がやってきました。

世の中が自然食品に目を向けるようになり、昔から伝わる伝統的な手法を継承し、自然な味を造ることに専念している辻岡醸造の商品は、とみに消費者の皆様の注目を集めるようになりました。

蔵
大豆
塩
豆味噌仕込み
樽の中の味噌
蔵の中
味噌の樽
味噌出し
味噌調合
醤油の汲みかけ
醤油の樽
醤油調合
醤油

材料の大豆はタンパク質が多く、熟成させるのに最適な三重県産の“フクユタカ大豆”を主に使用し、塩はミネラルを多く含む“天然塩”を使用しております。

醸造に大切な水は工場内で生成した“炭濾過水”を使用、この水で仕込みを始めてから製品の味が更にまろやかになったとご好評を得ております。

醤油ラベル
醤油 味噌 ぽん酢
©2008 TSUJIOKA JOZO Co.,Ltd.